徒然音楽紀行

主に邦楽を節操なくうろうろします。文章や埋め込みなど全体的に試行錯誤中のひよっこです。

おそらく唯一買った春ソングと、桜ソングと青春ソング。

 

 

Historic Blue

Historic Blue

  • アーティスト:Hysteric Blue
  • 発売日: 2002/11/20
  • メディア: CD
 
baby Blue

baby Blue

  • アーティスト:Hysteric Blue
  • 発売日: 1999/04/01
  • メディア: CD
 

春〜spring〜 Hysteric Blue - YouTube

春~spring~ Sabão ver.

春~spring~ Sabão ver.

  • Sabão(シャボン)
  • J-Pop
  • ¥255

当時ラジオのパワープレイになっていて、この曲いいな。と思って買いました。

 

記事を書くにあたり数年ぶりに聞いたのですが、なんだか甘酸っぱい気持ちになりますね。

なんだか歌詞が丁寧でいいなあ。

19といい、若い彼らの曲や感性が思春期だからこそより響いた、というのはあったのかもしれません。

あの紙ヒコーキ くもり空わって

あの紙ヒコーキ くもり空わって

  • 19
  • J-Pop
  • ¥255

 

当時10代の原宿系っぽいバンド。

他にはなぜ…なども有名ですが、元気な曲も渋い曲もできる多彩なバンドでした。5年くらいで活動休止したのかな。

https://youtu.be/llEKsQEiw-I

https://youtu.be/WD12ibpxqNI

なぜ・・・ Sabão ver.

なぜ・・・ Sabão ver.

  • Sabão(シャボン)
  • J-Pop
  • ¥255

 

学生時代には春〜spring〜を卒業式で演奏しました。

好きな曲が演奏できてめちゃくちゃ嬉しかったですね。

ちなみに卒業写真も定番だったので、世代は合わないのですが印象深いです。

卒業写真

卒業写真

 

 

今は試聴のようにTamaちゃんとたくやさんの2人でsabao(シャボン)をやっていて、ヒスブルのセルフカバーもしています。

Tamaちゃんは今でもおしゃれでかわいいですよ。ScoLarとか着てました。

Rainbow

Rainbow

  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

ちなみにHysteric Blueというバンド名はファッションブランドのHYSTERIC GLAMOUR+Betty's Blueからきているそう。

方向性変わっても派手な人って、生き様を感じて好きです。

 

Sony Musicが当時10代の若手バンド枠POTアーティストというのをやっていて、他にwhiteberryなどがいました。

夏祭り(カバー)が有名。

夏祭り

夏祭り

ちなみに原曲JITTERIN'JINN

夏祭り

夏祭り

  • ジッタリン・ジン
  • J-Pop
  • ¥153

 

そういえばCD買った僕たちの旅/チャミグリって青春だけど春ソングなのかな?とふと。

これもラジオですね。ゲルゲのMC。

シングルジャケットは黒板で、外袋に文字書きの透明なシールが貼ってあってかわいいんですよ。

f:id:rocka_xxx:20200327102416j:image

終業~ボクたちの・・・青春ベスト

終業~ボクたちの・・・青春ベスト

 

 

 

 

00年代に毎年のように桜ソングが流行りましたが、バラードが苦手だったので今更いい曲だなーと思ってるところです。

ケツメイシのさくらはわりと好きかな。MC?の独特なかくかくした腕の振り方が印象的。

さくら

さくら

昔入院中やたらコブクロの桜が頭に回ってましたね。入院したの夏だけど。

桜

 

今年はかなり特殊な春になり、桜の開花も暖冬でとても早くなりましたが、春めいた曲を聴きながら桜並木を歩くのもいいかもしれませんよ。

お花見散歩しようかな。

 

と思ったら29日に雨か雪の予報が出ててうそーんってなってます。

しかも都立公園は歩きながらの花見もできないようになるそう。

状況が刻一刻と変化しているので最新の情報に基づいて動いてくださいね。

 

ではでは。